FC2ブログ

2019-02

はじめまして、もっちです。

皆さま、初めまして。

昨年の11月に入社いたしました、もっちと申します( ^ ^ )


毎日ばたばたと過ごしている中で、「初めてのブログは何を書こうか?」と悩んでいるうちに
ご挨拶が遅くなってしまったのですが、やっと投稿させて頂きます!

(ご挨拶が遅くなってしまい、大変失礼致しました!)



今回は、先日みつけた素敵なアンティークの家具屋さんをご紹介致します♪


krank という家具屋さんなのですが、
「ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた」という展示会をイムズで開かれており、
そこに先日行って参りました。


まずブースに入ると、箪笥と椅子だけが置いてある、小さな部屋に通されます。




扉もないし、行き止まりかな? と思いきや、
なんと次の部屋には箪笥の中をくぐって入るんです!


ナルニア国物語という小説に、『箪笥をくぐって魔法の世界へ迷い込む』、というシーンがあるのですが、
その描写とお部屋の雰囲気が似ていてとても気に入りました~!

(作られた方はナルニア国物語を意識して作られた訳ではないのかもしれないんですが、)
小学生の時に繰り返し何度も読んだ物語の、大好きなワンシーンを大人になって体験するという、
とても幸せな経験ができました(*^ ^*)

そして、次のお部屋にも、素敵な作品たちが・・・






花びらの影が少女の背中の羽になってる作品や、




くまの背中のお花の影が花瓶にさしてあるように見える作品。




影を巧みに使った立体的な作品。




お部屋の中央には木の精霊?がちょこんと座っていました。
とても可愛らしいです(^ ^*)


中でもお気に入りは、



こちらの浮かんでいる椅子の作品です。

この椅子には鹿が彫り込まれているのですが、
展示の仕方も非日常的で、お部屋の世界観をより強く感じました~!


他のお客様もみんな小声で「素敵だね」と声をかけあいながら静かに楽しまれていて、
素敵な作品をその場にいる人みんなと共有するような温かくて不思議な気持ちになりました。


影を使ったトリック、、、
いつかお庭のデザインに取り入れてみたいです!


また、今回の展示の、
「 素材そのものの自然体な姿をひきだしてデザインする」 という考え方が
お庭のデザインと共通していると思いました!

当社ではあえて真鍮やサビのでる石をとりいれたり、デッキやフェンスに天然木材を用いたりと、
自然な、素材そのものの魅力をひきだすデザインや施工をしています♪

時間と共にゆっくり変化していくお庭で、
日常とは違うゆったりとした時間を愉しんでみられませんか?

ご相談、お待ちしております♪




● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cocorononiwa.blog41.fc2.com/tb.php/1018-dcc2ae5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お花 «  | BLOG TOP |  » ココロ

プロフィール

ココロの庭

Author:ココロの庭
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (761)
施工事例 (0)
島ん人の独り言 (205)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する